やんばるの鉢植え&ベランダ栽培日記

アクセスカウンタ

zoom RSS トゲバンレイシ 死亡

<<   作成日時 : 2013/11/24 14:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

先日 宮古島を襲った台風
って、いつの話だよ。

今年に入って、いくつもの花を咲かせてくれて
結実への 期待度No1 だった トゲバンレイシ。


台風のあと、落葉しまくり。
二つ 残った 蕾も、 開花後 枯れて・・・
画像





以上











ショックが 大きく、 一番 食べたい果実だったのに。
あの、「マミー」 はたまた 「ヨーゴ」 のような、
発酵乳酸菌飲料のような味が忘れられない。

そろそろ 気を取り直して、 新しい 苗でも購入しようかと思います。



んで、話は 変わり。
今年 結実1個 という、期待を裏切る成績の 「アテモヤ」。
かつての 豊作は、どうした!
うちの鉢植えの中で 「ビリバ」 「マンゴスチン」と 同じくらい
でかい鉢で 育ち、 5月?に 更に大きな鉢に植え替えまでされておきながら。。。

収穫が終わったので、軽く 剪定をしてやりました。

そしたら、案の定 新芽が吹き出しました。
画像




それと同時に、蕾まで。
画像


画像



季節も 関係なく、剪定すれば 喜んで ほいほい発蕾する 節操のなさ。
おまえは 仕事を選ばない「キティちゃん」 か!!!


沖縄での冬の果実というと 「たんかん」などの柑橘類が定番でしたが、
「アテモヤ」という、 甘くトロピカルな フルーツが出回り始めて10年 経つか経たないか・・・
値段も 最近では安くなりかけてはいますが、 それなりの値段です。
販売している期間も、 数年前までは 年明け位まで出回り それで終わりでしたが、
近年では 4月くらいまで 販売しているのを 見かけます。

ハウス栽培のものが 春先まで出回っているのかもしれませんが、定かではありません。

でも、バンレイシ科(釈迦頭・チェリモヤ)の 「剪定をすれば 新芽と共に 発蕾」 する
という 特徴を活かして、 温度管理などをすれば 1年を通して流通する日が来るのかも知れませんね。


んな訳で、この時期に 発蕾した うちのアテモヤ

結実して、年明けに収穫できたら 大したもんですよね。
それも 鉢植え&路地栽培で。

あまり期待せずに、プレッシャーだけ かけときます

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
トゲバンレイシは、残念ですねぇ。

☆の原因はなんだったんですか?
コガネ?それとも根腐れとかですか?

アテモヤは、すごいですねぇ。

うちのは、いつまでったても、葉ばかりです(苦笑)

こっちで実を食べようと思うと、ネット注文するしかないのが、つらいですねぇ。
シオンイン
2013/11/24 22:39
>シオンインさま
ホントに、ショックで・・・

原因は台風による塩害が一番大きいと思っていますが、
わかりません。

アテモヤは、内地でも十分育てられそうですよね。
春先、「P(リン)」がたっぷり配合された肥料をあげてみては どうでしょうか?
もう、既にされていますかね。
まる
2013/11/27 16:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
トゲバンレイシ 死亡 やんばるの鉢植え&ベランダ栽培日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる